公開日: |最終更新日時:

ハリー・ウィンストン
HARRY WINSTON

ハリー・ウィンストンは、「キング・オブ・ダイヤモンド」と評されるニューヨークの宝飾ブランドです。1989年に時計業界に参入して以来、その独創性と革新性で業界を席巻していき、多くの人たちを魅了し続けています。

ハリー・ウィンストンの代表的なモデル

アヴェニュー・クラシック エリプティック
Ref.AVEQHM21WW241

アヴェニュー・クラシック エリプティック Ref.AVEQHM21WW241 引用元サイト:YOSHIDA公式サイト(https://watch-yoshida.co.jp/products/42/3109)
アヴェニュー・クラシック エリプティック Ref.AVEQHM21WW241のサムネイル画像

「アヴェニュー・クラシック・エリプティック」は、煌めくダイヤモンドを楕円形にあしらったダイヤルデザインが特徴の商品です。最高級のダイヤモンドが惜しみなくケース、文字盤に施された美しい意匠は、女性の腕に気品を与えます。

技術仕様
巻上げのタイプ クォーツ
素材 18Kホワイトゴールド
文字盤 ホワイト マザー・オブ・パール
ケース幅 21.4㎜×36.1㎜
ケースの厚さ 6.7㎜
防水性 3気圧
キャリバー
型番 HW1046
直径 -
振動数 -
石数 -
パワーリザーブ -
部品数 -
機能 時・分、スモールセコンド

オーシャン バイレトログラード オートマティック42
Ref.OCEABI42WW002

オーシャン バイレトログラード オートマティック42 Ref.OCEABI42WW002 引用元サイト:ハリー・ウィンストン公式サイト(https://www.harrywinston.com/ja/products/harry-winston-the-ocean-collection/ocean-biretrograde-automatic-42mm-w1/blue-alligator-leather-oceabi42ww002)
オーシャン バイレトログラード オートマティック42 Ref.OCEABI42WW002のサムネイル画像

メンズのダイヤモンドモデルといえば、この時計。ケース径が42ミリでアジア圏を意識したオーシャンです。まるで海上を進む荘厳な船のような、豪華な佇まいと精緻さが特徴の商品です。まばゆいダイヤモンドの煌めきが全体に華やかさを添え、伝説の「キング・オブ・ダイヤモンド」と称された創始者ハリー・ウィンストンを讃えています。

技術仕様
巻上げのタイプ 自動巻
素材 18Kホワイトゴールド
文字盤 ホワイト マザー・オブ・パール
ケース幅 42.2㎜
ケースの厚さ 10.6㎜
防水性 10気圧
キャリバー
型番 HW3305
直径 -
振動数 28,800回/時
石数 35
パワーリザーブ 65時間
部品数 -
機能 オフセンターの時・分表示、
レトログラード セコンド、
レトログラード式曜日表示、
日付表示

ハリー・ウィンストンのプレミアモデル

プロジェクト Z14
Ref.OCEARS42ZZ001

プロジェクト Z14 Ref.OCEARS42ZZ001 引用元サイト:ハリー・ウィンストン公式サイト(https://www.harrywinston.com/ja/products/project-z/project-z14-z1/rubber-with-textile-effect-ocears42zz001)
プロジェクト Z14 Ref.OCEARS42ZZ001のサムネイル画像

洗練されたディテールと本格的なムーブメント、相反する要素の融合を体現したのが、世界限定300本の「プロジェクトZ14」。ザリウムの素材を用いたハリーウィンストンを代表するスポーツウォッチのZシリーズです。毎年新作が発表され、他を圧倒するスタイルと機能美が特徴。構築的かつ立体的なデザインや、ムーブメントに施された美しい仕上げが、モダンかつ洗練された印象を与えます。

技術仕様
巻上げのタイプ 自動巻
素材 ザリウム
文字盤 3D構築型、
サテンブラックのチャプターリング
トランスペアレントの
レトログラード式カウンター
ケース幅 42.2㎜
ケースの厚さ 10.7㎜
防水性 10気圧
キャリバー
型番 HW2202
直径 26.2㎜
振動数 28,800回/時
石数 35
パワーリザーブ 約65時間
部品数 226
機能 オフセンターの時・分表示、レトログラード セコンド

ハリー・ウィンストンの歴史

「ハリー・ウィンストン」は、1932年ニューヨークのマンハッタンにハリー・ウィンストンによって創業された宝飾ブランドです。創業から一貫して、革新的なジュエリーの製造に注力し、多くの王侯貴族やハリウッド女優にも愛されたことから、「キング・オブ・ダイヤモンド」「スターたちのジュエラー」と称されるようになりました。

そんなハリー・ウィンストンが時計業界に参入したのが、1989年。創業100年を超える老舗時計メゾンが名を連ねる中、新興であるハリー・ウィンストンは、その独創性と革新性で経験の浅さをカバーしていきました。1989年に初めてのタイムピースコレクションである「HWプルミエール」と「シグネチャー」を発表すると、瞬く間に時計業界を席巻していきました。

特に時計業界への参入当社から、パーペチュアルカレンダーとバイレトログラード表示機構を採用しており、それが今やハリー・ウィンストンのお家芸といえるほど洗練されたものに進化させています。

ハリー・ウィンストンの特徴

高級時計のデザインでは、奇跡で装飾を施すことは珍しくありません。宝飾ブランドとしてトップクラスのハリー・ウィンストンもまた、その厳選されたジュエリーによる豪華な装飾が、大きな特徴となっています。「キング・オブ・ダイヤモンド」と称されるハリー・ウィンストンですから、使用されるダイヤモンドは熟練の宝石鑑定師により厳選された高ランクのもののみ。それを完璧なカッティングでより最大限の輝きが放てるようにし、様々なセッティング技法を組み合わせることで、ハリー・ウィンストンならではの美しい意匠を作り出しています。

また、こうした宝飾ブランドのキャリアを活かした特徴とともに、ハリー・ウィンストンを時計のハイブランドとしているのが、高度な時計製造技術です。時計業界に参入当時からパーペチュアルカレンダーとバイレトログラード表示機構を採用するなどし、その後、3つのキャリッジが異なるスピードで1回転することで精度を高める、3軸トゥールビヨン「イストワール・ドゥ・トゥールビヨン 9」を開発。美しい意匠と複雑機構を兼ね合わせた斬新で芸術的の高いブランドとして、その地位を固めました。

その他の高級時計ブランドを見てみる